大工の見習い  No.7

大工の見習い No.7

2022.05.24
トヨちゃんの回想録

古びた自転車に道具箱を積んで、お施主様の家に行きおはよう「おはようございます。」

すると、奥の方から「トヨちゃんか」と声がして外に出てこられた。

「おい。今日からやってくれるんか、ワシが木材を並べたんじゃが、いけんかえ?」

「いいえ、ありがとうございます。」

「まあ、ケガをせんようにな。」

図板は昨晩 家で書いて来たので、早速木取をし 墨付けに取りかかった。

このお施主様は農業をしているので、時間的にも『のんきな人』

「おい、トヨちゃん。住み込みというやつは気兼ねがあろうがな。」

「お前、飯は腹いっぱい食べさせてくれるんか。」 

「親方は厳しいか。」

「一人前の大工になるまでは、石にかじりついても頑張れよ。」

気を遣ってくれているのか、暇つぶしにされたのか。

私は墨付けをしながら、ただ、「はい、そうです。」・・・・

                      つづく