大工の見習い  No.6

大工の見習い No.6

2022.05.10

小さい建物でも私にとっては、それは…もう…大きな建物に思えた。

しかも3階建て。ずいぶん高い。

さて、これから先は、一人だけで作業をする。

下げ振りを吊って、建物を垂直にして、筋違いを入れ、

一階の屋根に角木を入れ、タル木を打ち、板をかつぎ上げ…

日の出時から日没まで、休憩も無く考えながら…近くにある建物を見ながら…

数十日はかかった。

3階のガラリを取り付けるのは簡単に見えて難しい、

板の勾配のこともあり、ハシゴを登ったり降りたり一生懸命だった。

やっと、

私の手をはなれ、屋根瓦を葺いたり、壁を塗るため

小舞竹をあみ、次の職人と交代することになった。

さ~今度は もう一軒の乾燥場の準備に取りかかろう・・・

                     続