大工の見習い  No.5

大工の見習い No.5

2022.04.26
トヨちゃんの回想録

町内手伝いの皆様に「それでは宜しくお願いします。」

と言って、建方に取りかかった。

現代とは違い安全に対する意識も低く、《ハチマキ》をしての作業。

ワッショイ ワッショイ…

の掛け声で、やっとの思いで棟まで進んでいった。

私の心中は、大きな声で叫びたいぐらい嬉しかった。

もしかすると、パーフェクトかも!?と思った、その時だった。

「トヨちゃん!!」と叫ぶ声…

「ハイ!」

「この梁の背に墨はついているが、穴を掘るのが残っているで!」

下の方で「あーあ、トヨちゃん。一升はパーになったなー。」

だがそれだけであとは何事もなく、無事に上棟ができ

町内の人々から

「中学校を卒業してまだ16才なのに町内の大人を使うようになった」

「やっぱり弟子入りをして修業すれば…」

「よくやった!!」と、拍手をされた。

                          続