大工の見習い  No.4

大工の見習い No.4

2022.04.12
トヨちゃんの回想録

弟子入りをして1年と2ヶ月くらい経ったある日、

父親から一通の手紙が届いた。

なんだろう?と思い、中身を読んでみると

近所の人から「タバコの乾燥場を建ててもらえないか。」と言われたそう。

私は怖い気持ちもあったが、是非やってみたいと思った。

早速、親方に相談すると、

「馬鹿!何でお前が出来るもんか!!」と叱られた。

「でも、一人でやってみたいです!!」と食下がった。

「そうか、では墨だけ付けに行ってやろう。」

「いや、墨も自分で付けます。」

「勝手にしろ!!人様の大事な木を駄目にしたらどうするんなら!!」

それでも私は聞き入れなかった。

すると親方も半ばあきれたように、

「土台、胴差、それぞれ基準点があるからな。それを忘れるな。」

帰って木材を見ると丸太ばかり角になった物は屋根、タルキと屋根板ぐらい。

しかし、もう後には戻れない。

心配で夜も寝れない…。

そして棟上の日。

町内から13人手伝いがあり、その中の一人が、

「トヨちゃん!カナヅチとカケヤだけで建てたら酒一升買うてやろう!」

と言ってきた。

             続