大工の見習い  No.3

大工の見習い No.3

2022.03.29
トヨちゃんの回想録

ある日の朝、作業開始。

「今日は何をしましょうか?」と親方に尋ねると、

「あそこにある材料で、水垂敷居を作れ。」

と言い残し、他の職人と屋根へ上がってしまった。

さて、どうしてよいやら…

『水垂』という言葉すら耳にしたこともなかった。

手をつけるすべもなく、その場でただただ呆然と立っていた…

やがて10時になり、

「大工さん休憩ですよ」と、お施主様が出てこられた。

「ちょっと休もう」と親方が言うと、大工さん全員が屋根から降りてきた。

私は泣き出したい気持ちでいっぱいだった。

すると兄弟子が私のそばに来て

「どうしたんなら」と声をかけてくれた。

「水垂敷居を作れと言われたのですが、分からないんです…」

「ちょっとついて来い。」

そう言うと兄弟子は私を物影に連れて行き、水垂敷居の作り方を教えてくれた。

仕事にかかると、

「君も休みなさい。」お施主様が言ってくれたが、

「僕はまだ何もしていないので仕事をします。」

と、作業に戻った。

涙が出るほど嬉しかった。

あの時の兄弟子の顔が、私の頭に焼き付いて今も忘れられない。

                                続