ゼロエネルギー住宅

HOME> ゼロエネルギー住宅

エネルギーを”使う”から”作る”へ 太陽や光、風を取り入れた自然と共生する住まい

ゼロエネルギー住宅とは?

“省エネによって消費するエネルギー量を減らすこと” “消費したエネルギーと同等のエネルギーを作り出すこと”
この2 点を目的とした住宅です。
簡単にいうと、構造で自分の家で消費するエネルギー量を減らし、消費したエネルギー分は住宅で作りだす、環境に優しい“ゼロ(0)エネルギー住宅” ということです。
また、将来的に見て“ランニングコストの安い家” といえます。

ゼロエネルギー住宅を実現させるためには?

ゼロエネルギー住宅のイメージ

消費エネルギーを減らす目的として

  1. 1. 住宅の断熱性能と気密性能を高め熱を逃がさない仕様の住宅とすること
  2. 2. 冬の陽は取り込み、夏の陽は遮り風通しの良いプランの住宅とすること

例えば、

部位具体的な性能や機器
建物性能次世代省エネルギー基準以上の断熱性能
住宅設備照明設備LED、蛍光灯など
給湯設備エコキュート、エネファーム、エコウィルなど
暖冷房設備エアコン、ヒートポンプを利用した空調機器など

エネルギーを作り出す目的として

  1. 1. 創エネ設備の設置

例えば、

部位具体的な性能や機器
創エネ設備太陽光発電システム、太陽熱温水器、風力発電など

ゼロエネルギー住宅のメリット

ランニングコストが安い(下記に試算表有)
環境に優しい住宅
国から補助金がもらえる(※補助対象費用の1/2以内で、補助限度額 一戸あたり165万円。)
※必要要件有り

年間ランニングコスト比較表 (139 の一般家庭で試算)

コスト比較家電等給湯冷暖房合 計
一般的な新築住宅87,000 円96,000 円88,000 円271,000 円
次世代省エネ住宅87,000 円96,000 円56,000 円239,000 円
省エネ25%UP(エコキュート)79,000 円17,000 円40,000 円136,000 円
ゼロエネルギー住宅  ―    ―    ―    -9,000 円  

※本シミュレーションは国土交通省が一定の条件をもとに試算しているものであるため、実際の生活パターンや使用条件等によって異なります。 そのため試算結果はあくまでも目安であり数値を実証するものではありません。

資料請求はこちら