長期優良住宅

HOME> 長期優良住宅

国産材を使用した 居心地よく、永く住み継げる住まい

長期優良住宅とは?

長期優良住宅は、「住宅を大切に長く使う」という考え方により、2009 年から政府が普及促進している住宅であり、構造や建材など建築に関する基準が設けられた耐久性能の高い、“長寿命” の住宅です。
なにより、住宅性能のアップすることで、住宅の不動産評価が高まると言われています。

さらに、長期優良住宅は、今以上の省エネルギー化と高リサイクル率が達成され、より地球環境にやさしい社会を目指すことが出来ます。

長期優良住宅に必要な性能

長期優良住宅に認定を受けるためには7つの性能が必要です。

長期優良住宅に必要な7つの性能
  • 耐震性
  • 省エネルギー対策
  • 劣化対策
  • 維持管理対策
  • 維持保全計画

長期優良住宅のメリット

永く住むことが出来る、耐久性の高い家を建てることが出来る
住宅性能のアップにより、不動産評価が高くなる
税制上の優遇、控除額が高い
国から補助金がもらえる(補助限度額100万円)

どのくらい税制上のメリットがあるか試算してみました

住宅ローン減税 - 所得税の最大減税額引き上げ(10年間)

  • 一般住宅 ― 200万円まで減税
  • 長期優良住宅 ― 300万円まで減税
年間所得税10万円支払いの方10年間で100万円減税
年間所得税20万円支払いの方10年間で200万円減税
年間所得税30万円支払いの方10年間で300万円減税

ここからがお得 !

登録免許税の引下げ

所有権保存登記 課税評価額 新築住宅2,000万円とすると

一般住宅課税標準額の0.15%3万円
長期優良住宅課税標準額の0.1%2万円

1万円お得 !

現金で購入の場合の所得税の控除 - 規定の性能強化費用 上限500万円の10%

※住宅ローン控除との併用不可

長期優良住宅が最大50万円の控除が可能

※その年で控除できなかった場合、翌年の所得税からも控除可能
 木造の標準的な性能強化費用相当額 33、000円/

不動産取得税の控除 - 課税標準額の3%の控除額の増額

新築住宅2,000万円とすると

一般住宅 1,200万円控除 (2,000万円1,200万円)×3% = 24万円
長期優良住宅 1,300万円控除 (2,000万円1,300万円)×3% = 21万円

3万円お得 !

固定資産税の減額 - 評価額の1.4% 一般住宅特例(1/2減額)の適応期間の延長

新築住宅2,000万円とすると

一般住宅
3年間 2,000万円×1.4%×1/2×3年 = 42万円
残り2年間 2,000万円×1.4%×2年 = 56万円
計 98万円
長期優良住宅
5年間 2,000万円×1.4%×1/2×5年 = 70万円

28万円お得 !

その他
直系尊属からの住宅取得等資金の贈与を受けた場合の贈与税の非課税措置が拡充されます。

平成25年度

一般住宅700万円まで非課税
長期優良住宅 1,200万円まで非課税

500万円お得 !

資料請求はこちら